*tRanQuiL*

You are the only one in this world, no one can replace you...



Calender

01 | 2009 / 02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


*Profile*

酒井小春

Author:酒井小春
○●自己紹介●○
 名前:酒井小春
 出身:名古屋
 在学:明治大学文学部
 所属:明大 実験劇場
 趣味:演劇、作詞、
     カラオケ、美術館

 ・宇多田ヒカル
 ・Michael Jackson
本当に尊敬してるお二人です!!

 ・Andy Warhol
 ・Rene Magritte
この人たちの絵は最高(∀)!!

暇があれば小劇場廻ってます


*Recent Documents*


*Recent Comments*


*Categories*


*Inside-Blog Search*


*RSS Field*


*Link*

このブログをリンクに追加する


*Wanna Be Friends?*

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


Love, once again
肌寒い夜明け 夢を見てた あなたのいる柔らかな風景
布団に潜りながら 抱き合う二人に絶えない笑顔

もうここにない あの景色が まだ鮮やかに映るから
「泣かないで、笑っていてよ」 
そんな言葉が 欲しいわけじゃない

だたもう一度 ただ抱きしめて 大好きなあなたの声で
好きだと言って どこにも行くなって言ってよ
満たされない心 あなたじゃないと


抜ける隙間風 膝を抱え あの頃を思い出して泣いた
未来を描きながら 語る二人の距離開いていった

戻りはしないの? あの気持ちが 私にはまだ残ってるのに
「もうダメだよ、続かないよ」
そんな言葉が 聞きたいわけじゃない

だたもう一度 ただ抱きしめて 暖かいあなたの手で
引き寄せて もう離さないって言ってよ
壊れそうな心 あなたじゃないと


募る想い 行き場なくして 何度も頭を巡る
Can I tell you that I still love you?
That you’ll always be the one for me?
Then, will you come back to me, once again…?


だたもう一度 ただ抱きしめて 大好きなあなたの声で
好きだと言って どこにも行くなって言ってよ

だたもう一度 ただ抱きしめて 暖かいあなたの手で
引き寄せて もう離さないって言ってよ
揺るがない心 あなたじゃないと

スポンサーサイト
Lyrics | 2009/02/17 09:10 | コメント(1)


バス停
潤んだ目では はっきり景色は見えないけど
灰色の空 閉じ込められている僕等

雨が降りそうだ 傘は忘れてきた ツイてないな
潜り込んだバス停の プラスチックの屋根に
跳ね返る雫の音が 虚しく響くよ

同じことの繰り返し 毎日同じ道を通り
見慣れた顔でも声はかけないで みんな知らん顔 通り過ぎてく
出会い別れを繰り返し また同じ涙流し
もう慣れた傷付き方だって 君は知らん顔 すれ違ってく


かすれた声で 呟くように叫んだけど
濡れた地面 流されていく感情が

降り続く雨だ 間に合いそうにない 帰ろうかな
寂しそうなバス停に 止まる空っぽの車体
反射してるライトの灯りが 切なく光るよ

同じことの繰り返し 毎日同じ道を戻り
見慣れた街だと変わり栄えしないで 誰も知らん顔 通り越してく
出会い別れを繰り返し また同じように笑い
もう慣れた君のウソだって 君は知らん顔 追い越してく


季節は移ろいで 僕等を置いていく
冬から春へと 暖かく変化してく 僕等なにをしてるんだろう


同じことの繰り返し 毎日同じ道を通り
見慣れた顔でも声はかけないで みんな知らん顔 通り過ぎてく
出会い別れを繰り返し また同じ涙流し
もう慣れた傷付き方だって 君は知らん顔 すれ違ってく


同じことの繰り返し 毎日同じ人と笑い
見慣れた君だから口に出さないで 愛を伝えるよ 受け止めててよ
出会い別れを繰り返し 同じ決意新たに
まだ知らないこと見つけて 二人のこと 気付いてこうよ


僕等なにを待ってるんだろう


Lyrics | 2009/02/13 08:46 | コメント(0)


 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。